脳内アップデート体験談
〔脳内アップデートの体験談はこちら〕



サイト主おススメ
■脳内アップデート
〔脳内アップデートの体験談はこちら〕
おススメ度:★★★★★

■『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
〔プラス思考トレーニングの体験談はこちら〕
おススメ度:★★★☆☆

その他自己啓発の情報商材レビュー

無料



ワールドアフィリエイト~ネットで月20万円稼いで自由に生活する方法~


今の自分を変える方法 ~ステップ4~

トップページ>>やる気を高め、思考力を鍛える

脳トレによって、モチベーション及び、社会生活を営む上での基礎となる下記の6つの力を高める。これらの力の多寡は 個人の特質や環境によって異なるため、ここでは能力の土台を鍛える方法しかご紹介できない。

①やる気 ②精神力 ③集中力 ④記憶力 ⑤判断力 ⑥理解力

正直なところ、あれこれと手を出さずに 脳内アップデート※を活用しながら、ジョギングなどの運動を行なうのが、 もっとも時間的な費用対効果は高い。

脳内アップデートの効果として、普段5分程度しか集中力が 続かない自分が90分近く勉強に没頭できたこと、やる気や行動力の向上が見られたことをご報告致します。

次のステップである「コミュニケーション能力を高める」をご覧になって、「人と会ったり、話したりするのは面倒だ」と思われた方もいるかもしれないが、 ここでのトレーニングで脳が活性化し、気分が高揚し、人と会うことも億劫ではなくなる効果(これも 脳内アップデートで解決可能)もあるので、是非チャレンジしてもらいたい。

ちなみに、「判断力」というスキルは関連する知識を詰め込むことが、大前提であり、もっとも効果的であることを予め補足しておく。 いくら頭が良くても、+の意味を知らなければ、足し算が出来ないのと同じことである。

また、ここでいう思考力とは、あくまで脳を活性化させる、すなわち元気な状態にするだけであって、それだけでは社会生活に生かすことは出来ない。 つまり、脳トレで鍛えた集中力や理解力で、勉強したり、人の話に耳を傾けたり、深く掘り下げて思考してみたりと、実際に考える行為を行なわなければ 宝の持ち腐れである。

例えば、「速聴は効果がない」と度々聞くが、速聴だけで天才になろうとする発想は、車のエンジンの性能を上げるだけで、アクセルを強く踏まずに早く走らせようとするようなものである。 恐らく、億劫な人間ほど、脳トレの効果を実感しにくいのではないだろうか(かく言う自分のそのクチだが・・)。

このステップで、脳を活性化させ、やる気と精神力(ストレス耐性)が身に付いたら、あとは仕事や勉強など、実生活に注力すべきである。 本当に能力のある人は自分に「思考力」や「集中力」、「精神力」があるかどうかなど、いちいち考えない。

【ジョギング】:脳全体を鍛える総合的なトレーニング。気分が高揚し、やる気が出る効果も。
やる気:◎
精神力:◎
集中力:◎
記憶力:◎
判断力:○
理解力:○
皆さんにもっともお勧めしたいのが、ジョギングである。総合的な脳力を鍛えるにはジョギングがもっとも手っ取り早く、 かつお金もまったく掛からない。

【参考】 ランニングは脳にいい~走って脳力アップ~

学生時代の部活動で運動部を経験した方なら分かると思うが、引退した後、学校の成績も落ちてしまった経験はないだろうか。

近年の研究で、走ることで、脳が活性化することが分かっている。これは気分が高揚し、 やる気が出てくることも意味する。一時、『やる気スイッチ』という言葉が流行ったが、まさに運動はひとつのやる気スイッチである。 ジョギングのような一定のリズムを刻み続ける運動をすると、脳内にセロトニンというやる気を司る神経伝達物質が分泌されやすくなるからである。

また、精神力を養うには体を鍛えるのが効果的であり、走ることでストレスにも強くなる。尚、走る速さによって効果のある分野が違ってくるので、 詳細はランニングは脳にいい~走って脳力アップ~を参照されたい。私としては前頭葉も刺激する中速~高速のペースで走ることをお勧めする。 時速9キロ(1キロを7分ほどで走る)が脳を刺激するのにもっとも効果的らしい。 私自身も、5~6キロを1時間かけてゆっくり走るより、2~3キロを15~20分かけて走るほうが、効果が高いように思える。 複数の脳力トレーニングを行なう時間が無い方は走る習慣だけでも身に付けていただきたい。

運動することで、ストレスにも強くなる。アメリカのビジネスマンが、やたらと走るのは運動しないと頭の回転が鈍くなるばかりか、仕事のストレスで鬱になってしまうからだ。 ジョギングに限らず、可能であれば、サッカー、野球、バスケットボールなど、頭を使うスポーツに日常的に取り組めれば尚良い。

私も、部活動に励んだ中学・高校時代より、運動をしていなかった大学時代のほうが頭がうまく回らないことを実感していた。 また、顧問の先生にひどく怒られても、落ち込むことはあるが、深刻な鬱になるようなことは無かった。 当時はその原因は分からなかったが、社会人になって、ジョギングを生活習慣の一部に取り入れてから、 勉強の苦痛が軽減され、集中力が増したせいか、本を読むスピードが上がった。また、気持ちが晴れやかになり、些細なことでは落ち込まなくなる。 そして根拠の無いモチベーションと自信が沸いてくる。個人的な感想だが、快活で何でも吸収した、子供の頃に戻る(脳が若返る)という感じである。

週1回でも良いから、走る習慣を取り入れよう。(但し、週1回程度だと、効果を実感するまで、半年以上はかかるかも知れないが。)


【おススメ書籍】本番に強い脳と心のつくり方 スポーツで頭がよくなる(苫米地英人)

【音読】:コミュニケーションでも効果を発揮。
やる気:○
集中力:◎
記憶力:○
理解力:○
音読のコツはなるべく早く読むよう意識することだ。声の大きさは小さくても問題ない。 音読を行うことで、本を読むスピードが上がることを実感している。また、話をするときも、スムーズに言葉が出てくるようになるため、 基礎な理解力、コミュニケーション能力が高まると思われる。また、前頭葉を刺激するため、集中力や記憶力そのものを高める。

【速読】:素早く情報を取り入れるため、理解力が向上する。
集中力:◎
理解力:◎
本を読む習慣は是非取り入れて欲しい。「人の話が理解出来ない」といった悩みは前提知識が不足している他は、読書が足りないことが原因であるケースもある。 また、普段、本を読むとき、意識的に早く読むようにしよう。フォトリーディングといった技術的なことではなく、 単純に「素早く内容を汲み取る」訓練をしよう。

個人的にはフォトリーディングは映像を司る右脳的な発想なので、本来のコミュニケーションを司る 左脳とは別物であり、一字一句しっかり頭に入れながら読んだほうが良いと考えている。

【速聴】:コミュニケーションにおける理解力が向上する。集中して取り組まなければ、効果は薄い。
やる気:○
集中力:○
理解力:◎
通常の音声を2~4倍速などで聞き取る速聴は2000年頃から注目を集めていたが、特定の業者が高額すぎる機材を 販売したりと、イメージの悪さが災いしてか、最近はあまりもてはやされていないが、脳が活性化する効果は確かにある。

かの業者の高価な機材を買うのは論外だが、ネットで探せば10,000円程度でかなり良いソフトが買える。 無料のソフトも存在するので試していただきたい。 無料のソフトで私のお勧めはnvplayerだが、他にもっと良い物があるかも知れないので、 探して欲しい。

ちなみに、ソフトを入手しても、実は音声を集めるのが結構面倒である。そのような方はこちらのサイトで、定期的に無料で 2倍速と3倍速の音声ファイルを入手できるので、活用してもらいたい。

【おススメサイト】 速聴マラソン

それにしても速聴に取り組む人の多くは、いつの間にか本来の目的を忘れてしまうのか、「3倍速を聞き取れた!」、「4倍速を聞き取れた!」と、大喜びなのだが、 はっきり言って、そんなことはどうでもいい。皆さんも、「そんなことより、理解力や判断力は改善されたの?」と、感想を読むたびにイライラしたのではないだろうか。 利害の絡んでいない客観的なデータが欲しいところである。

以前は速聴で頭が良くなったという感想はあまり聞かなかったのだが、この10年で「正しい使い方」が模索されてきたせいか、 効果を実感しているという声が見られるようになった。

もちろん、有料の機材を販売する業者が謳うような劇的な変化は期待しないほうが良い。 下のサイトが、速聴の効果について、かなり客観的に分析しているので、参考になると思う。

【参考】 速聴自己啓発実践レポート

【N-BACK課題】:ワーキングメモリーが増強されるため、判断力が向上する。
記憶力:○
判断力:○
理解力:○
未知の課題を解決する能力である流動性知能を高めることで知られる。このN-back課題は確定的な統計こそ公開されていないが、 私の知る限り、より難しいN-back課題をこなす者ほど、IQが高い。(だからといって、N-back課題 でIQが上がったという情報は見たことがないが。)

私も実践してみたが、 確かに、仕事上のうっかりとしたミスや、もの忘れは減った。

退屈なトレーニングのため、あまり劇的な変化を期待するとモチベーションを維持するのが大変だが、確かに、うっかりミスやもの忘れは改善される。 エムズメスは無料でインターネットからダウンロード出来るので、是非試していただきたい。

但し、個人的にはTOEICのパート3,4の勉強とか、下で紹介している、判断推理の問題を頭の中だけで解こうとするほうが、 実践的で効果的に思える。

さらに理解力を上げたい方
もっと理解力を上げたいという方はやや難しいが、理解力を高める方法で紹介されている、 判断推理の問題や、数的推理の問題、数学などに取り組むことをお勧めする。

また、コミュニケーション上の理解力を上げる方法として、 毎週日曜に放送しているNHKの日曜討論を集中して聞いてみることをお勧めする。

まとめ

方法
やる気
精神力
集中力
記憶力
判断力
理解力
特徴
ジョギング
総合的な脳力向上。モチベーションアップにも効果あり。(これだけは取り組んで欲しい!)
音読
コミュニケーションでも効果を発揮。
速読
素早く情報を取り入れるため、理解力が向上する。
速聴
コミュニケーションで効果を発揮。集中して取り組まなければ、効果は薄い。
N-BACK課題
ワーキングメモリーが増強されるため、判断力が向上する。


>>コミュニケーション能力を高める(ステップ5へ)



強くなるための5つの基本ステップ

応用編

仕事ができるようになる方法
仕事ができるようになる方法




格言・名言

その他



【コラム】ステップ1:強い心の土台の作り方
● やる気を出す方法①
● やる気を出す方法②
● 心が強くなるおまじない①
● 心が強くなるおまじない②
● 心が強くなるおまじない③
● 心が強くなるおまじない④
● 心が強くなるおまじない⑤
● 人の言うことが気にならなくなる方法①
● 人の言うことが気にならなくなる方法②
● 一瞬でクヨクヨしなくなる方法
● 精神的に強くなる方法①
● 精神的に強くなる方法②
● 精神的に強くなる方法③
● 精神的に強くなる方法④
● 精神的に強くなる方法⑤
● 精神的に強くなる方法⑥
● 精神的に強くなる方法⑦
● 精神的に強くなる方法⑧
● 成功する人の条件①
● 成功する人の条件②
● 気持ちが楽になるストレス解消法①
● 気持ちが楽になるストレス解消法②
● 負けず嫌いであれ
● 落ち込んだときに聴きたい曲
● 一瞬で自分を変える方法①
● 一瞬で自分を変える方法②
● 一瞬で自分を変える方法③
● 一瞬で自分を変える方法④
● ポジティブ思考に変わるには
● 憂鬱な気分から脱するには
● スラムダンクから学ぶ武士道
● 自信がない自分を脱却する方法
● 死後の世界と前世の記憶を語る子供たち
● 本当に役立つ自己啓発の教材とは
● プラス思考は正しいか
● 周りの目が気にならなくなる考え方
● 死後の世界は存在するか


【コラム】ステップ2:夢や目標を持つ
● 自分の使命を見つけるには
● なりたい自分になるために、模範となる人をモデルにする
● 夢を諦めずに持ち続けるには
● 意志薄弱から脱する方法①
● 意志薄弱から脱する方法②
● 本当の夢を見つける方法
● 正しい目標設定の方法
● 理想的な勉強時間


【コラム】ステップ3:時間によって自分を律する
● 怠惰な自分を動かす方法


【コラム】ステップ4:やる気と思考力を高める
● 集中力を高める方法①
● 集中力を高める方法②
● 集中力を高める方法③
● 集中力を高める方法④
● 集中力を高める方法⑤
● 集中力を高める方法⑥
● 集中力を高める方法⑦
● 記憶力を高める方法
● 理解力を高める方法
● やる気を出す方法①
● サプリメントは効くか
● 思考力を鍛える方法
● 頭がよくなる方法
● 判断力をつける方法
● 頭を良くする方法
● コミュニケーション上の理解力を高める方法
● 潜在能力を発揮する方法


【コラム】ステップ5:コミュニケーション能力を高める
● トーストマスターズクラブでスピーチに挑戦する
● ボランティアに参加することで、コミュニケーション能力を高める
● 嫌な相手と自分を理解する方法
● 議論に強くなる方法
● 小物に見られないようにする方法
● 飲み会には積極的に参加しよう


【コラム】応用編
● 仕事ができない人の特徴
● 仕事ができない管理人の忌まわしき記憶①
● 仕事ができない管理人の忌まわしき記憶②
● ジョギングで仕事ができるようになるか
● 仕事のストレス向き合う方法